<< せつぶん | main | れいくびゅう >>

100万回生きたねこ

3日連続日記更新へいへい

無印でふわふわ裏地のスリッパを買ったら足にフィットしすぎて脱ぐとき靴下まで一緒に脱げるのなんとかしたいです。

どうにかなりませんかね。



先日、シアターBRAVA!で

森山未來×満島ひかり 

実力派2人が主演の舞台「100万回生きたねこ」を観てきました。


やー、もう、ねー、



素晴らしかったです。


まず、これどうでもいいんですが私の森山未來ファン歴はけっこう長く

いわゆる名を世間に知らしめたセカチューより前の

「さよなら小津先生」という田村正和さんが主演のドラマに生徒役で出ていたのを見たときから気になってチェックしていて、

↑このアピール中学生みたい(私のほうが先にすきになったもんねー。売れる前から知ってたもんねー。的な)ですがご容赦あれ。


そこから舞台もけっこう観に行っておりまして彼は毎回様々な役に挑戦しているのですが

いい意味で安定感もあり、小さい頃からダンスで鍛えられた身体能力も抜群で惚れ惚れします。

演技力と個性と身体能力を兼ね備えたひじょーに稀有な俳優さんだと個人的に思うのですが、


そんな未来くんが猫を演じるですって!

それは絶対生で観たいであります土田氏〜(オタク口調で


てなもんで発表があってからすぐに先行前売りで去年の秋にチケット取りました。




さて!ファンですアピールこのへんにして


ミュージカルの内容は

言わずと知れた絵本「100万回生きたねこ」(佐野洋子さん作)を

イスラエルのインバル・ピントとアブシャロム・ポラックが演出、振付、舞台美術、衣装を手掛けています。

2人がすべてを手掛けることによって作品の世界観が統一されていて、

シンプルなのに凝っているというすごく好きな感じでした。


森山未來くんは重力半分ぐらいしかかかってないんじゃ?と思うぐらいネコだったし、
(天井からロープ1本で逆さまに降りてきたときなんか会場からホウ〜て驚嘆の声)
満島ひかりちゃんの女の子役もキュートだし、
脇をかためるコミカルでちょっとダークな登場人物たちもすてきで

オペラグラスを忘れてしもて細かい表情は見えなかったんですが、
それが逆に絵本をそのまま立体で観ているような感覚を味わえたような気がします。


パンフレットもかわいい!!

しっぽ出てるんでっせー

100


いいもん観れたなあ

at 04:46, tsuchinokocut, -

comments(2), -, - -

comment
ししまる, 2013/02/08 10:51 PM

森山未來くん、いいっすね〜〜♪
でもこの舞台は知りませんでしたわ。

去年はプリプリの復活コンサートに東京まで行きましたが、思えば久しぶりのライブ参戦でした。ありきたりな日常も大事やけど、たまにこういうのもを体験するのも大事やな〜〜と思ったりしました。
実は5日は僕の誕生日でした。
何歳になったかはヒ・ミ・ツ♪(別に知りたくないって!とか言わない方向で。笑)

つちのこ, 2013/02/14 9:17 PM

おお、ダイヤモンドだね〜

そうですね、日常の中にも非日常の中にもいろんなものが詰まってるー

お誕生日おめでとうございます!!!
何歳になられたのかはプリプリさんファンということでだいたいお察ししますw